読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある妊婦のブログ

妊婦が産休中にブログを書く・・・つもりで始めたもののまさかの産休拒否!社長との2か月間のにらみ合いの末、先日やっと許可が下りました★ハッピー!

12◆今日から産休

おはようございます

産休一日目の朝、早速ごみを捨てて玄関の掃除をしました

玄関の掃除なんて一年に1回するかしないかだったのに

今日から、粘りに粘ってもぎとった産休が始まります

いつもならもう家を出る時間で、バタバタしているところが、朝からいそいそと豆なんてたいちゃってこのゆとり。

落差についてけないわ。

産むまでの1ヶ月で、

やれることをやりまくろうと思います。

遊び回るという意味ではなく、お産の時、育児の時、あのときこれやっといてほんとよかった!の種を蒔きまくろうと思います。

具体的に何をするかは、初日の今日考えるのだ~計画をたてて、実行していく!

とにかくまずは目の前の洗濯物から取りかかろう。

11◆里帰り出産への恐怖

どうもこんにちは

あと3日で産休!

サンキューグッバイフルモンティです。

産休に入るわけですが、

後輩とはずっと一緒に仕事をしてきたため、引き継ぐことが何もなく

それはそれで悲しいな、なんか悲しいなと思いながら

「濃いに恋する濃いのどあめ」というわけのわからん飴をなめながら

たまりにたまった書類をシュレッダーにかけながらすごす

3日間です。

最後の3日がこれって、わたしそんなに大した仕事してなかったのね。

 

はれて産休育休の許可が下り、手続き書類も手元に届いたのですが

一年後の自分はいったいどうなっているんでしょうか。

全く予想もつきません。

今は、そんな風に意思がない状態、流れに身を任せる状態で、あえていようと思います。

うまれてきたころもちゃんと過ごしてみて、

じぶんがどんな風に感じるのか、それを大事にしたいと思います。

 

とかいってね、働かざるを得ない状況に陥ってるかもしれないし、

はたまた、働きたくても戻る場所、アーリマセーンになってるかもしれないし

自分で決められる部分半分、決められない部分半分ぐらいってのが実情かもしれません。

その半分の決められる部分について、今は、「流れに身を任せる状態であえていよう」とか意味不明なこと言ってあまり考えないようにしているけれど(これダメだな)

いつか、自然と「こうしたい」が出てきたらいいなぁと思っています。

 

そんな妊婦の目下の悩みは

里帰り出産だったりします。

何を隠そう、私は母親と良い関係が気づけないまま30歳になってしまったのですね・・・

毒親とか毒母とかいう言葉を聞くようになりましたが、私の両親もまぁもれなくそれです。大人になって、「母という病」という本を読むまで気が付きませんでしたが。

読んだときはそりゃぁあもう目からウロコでした。

しかし私は私で彼らの理想の娘像とはかけ離れているわけで。

これから私が親に、ころもちゃん(娘)の母になったらきっと

私に対してそういう態度をとってきてしまった彼らの気持ちがきっと

身に染みてわかってしまうのではないかと思うと

同じことを繰り返さないようにすることだけが

私の人生の信条になるんだろうか。やだな

 

なんだか何を書いているんだか。

10◆社長のOK

どうもこんにちは

朝の続きです

 

お昼を過ぎたので、朝から散らかし回った部屋を何とか片付け(前回参照)、

朝仕込んでおいた丸美屋の鳥五目釜飯をどんぶり2杯分食べてから

休みの日に、社長のもとへとぼとぼ出掛けていった私

 

社長との面談の結果

結論から言うと

「許可します 以上です」

やって

 

 

・・・この二ヶ月何やったんや

いいんやったら最初からいいって言えよ

という気持ち

 

よりも、 

 

やっぱり

嬉しかった

 

育児と家事と仕事の両立なんてできんのか自信なかったし(いや、現在進行形でないし)、正直、一年後絶対に復帰できるんか!?

って言われたら自信ないっていう引け目もあって、社長にも「誰か頼れる人はおるんか」「いままで通り働けるんか」って言われたとき、強く出られへんところがあって

しかも育休取りたいって言ってる気持ちのなかには育休中にもらえる手当てがほしい…!っていう不純な動機があったから余計そうで

 

でも、復帰して、この会社で仕事を続けたいっていう気持ちもちゃんとあって、

自分で自分がどうしたいんか

覚悟が決められんで苦しくて

でも今日「許可します」っていいよって言われたとき、

自分で思ってた以上に、この仕事が好きやったんかもしれんなぁと気づかされました

あんなにきらいやと思ってた社長にたいしても、自然と感謝の念がわいてきたし

(そういう作戦にのせられているんだろうか)

昨日の大爆発からの自己嫌悪~で最悪な気分やった午前中が嘘みたいに、

これからこんなこと頑張ろう、

あんなこと頑張ろうって

すべてのことに対して前向きな気持ちが出てきた。

この先どうなるんか不安すぎて、この2ヶ月間、怒ってみたり落ち込んでみたりヘラヘラしたり無関心を装ったり、と思ったらまた憤ったり、最後はもう無気力て感じやったけど、何をしててもやっぱりどうしてもこの事が、いつも頭の片隅に引っ掛かってたんやなと思う。

ほんまにたいへんなのはこれからってのはわかってるけど、

とりあえずひとつ壁を越えた!

明日から、また頑張ろう!!

 

 

 

09◆決戦を前に荒れ狂う妊婦

どうもこんにちは

先週休日出勤した分の振替休日を満喫しているフルモンティです。

今日は前々からやりたかったことをやろうと決めていたので、ちょっとずつ集まってきたベビーグッズを全部突っ込んであったクローゼットの整理と、きたる入院の準備をやっております。

おかげで部屋がえらいことになっています。

ほーら


f:id:full-monty:20170306112600j:image

 

ひるおびという番組は全然昼になってない時間からやってるのね…八代弁護士久しぶりにみたけど好き、でも12時になったらヒルナンデスに変えよう

 

 

今日は夕方に、前回書いた、社長との直接対決が待っています。

そんなつもりはないけど、ナイーブになっているのか

昨日は夫に対して瞬間的に怒りが沸いてきて2回も大爆発してしまいました

 

1回目は夫がわたしの目の前で、

仕事上のお客さんである他の女性への贈り物を購入したのを見たとき

夫は私と結婚してからもお客さんとの間で色々あったので

女性のお客さん

歳上

プレゼント

はわたしのなかでどうしても「はいはい」って流せないキーワード(?)で

2年たってもその方面に関してだけはあなたのことなんか全く信頼できてないのに

それをヘラヘラしながら目の前で買い物

わたしが全然平気じゃないということ、なぜわからない

わかるよ目の前で買うってことはやましい気持ちがないってこと

あなたのなかでは2年前にすんだことなんかもしれへんけど

ムッとしたわたしに「そんなに怒るんやったら一緒に帰らん」なぜ上から?

そんなにわたしのことどーでもいいんかと

 

2回目の爆発は

夜に、

今の会社に復帰できんなら

転職サイトに登録しよう、今

派遣会社に登録しよう、今

と。

私は基本的に彼のいうことに反論しないと決めているので転職サイトには登録しました。

でも、派遣会社にWeb上で登録したら、実際本登録しにいかなあかん。

こんな誰が見ても妊娠してるってわかるようなおっきなお腹で、派遣の登録会いくの?

あまりにも何回も言われて、しかも「じゃあ俺がいま結構時間割いて調べたこの時間って無駄なん?はぁ」とか言われたとき

どうしても我慢できませんでした。

派遣?わたし子供が小さい頃はパートさんがいいって何回も言ってるやん。今の会社での今後も決まってないのに!てか今から産むんやけど!!!産んだあとのこと全く想像もつかんし、子供育てて家事もして派遣で新しい仕事はじめてとかわたしにどんだけのことやらせるん!?もう無理もう無理もう無理!!

といっぱいいっぱいになってしまいました。

 

でも

爆発「してしまいました」とか、

信頼「できない「とか最低な言い方。

まるで勝手になったかのような

相手のせいでそうなってるみたいな

問題が自分のコントロール外にあるかのような言い方

ずるい

泣いて怒るのも、爆発するのも全部自分で「してる」こと

勝手に「なった」ことじゃない

 

一昨年?ごろから流行ってる「嫌われる勇気」を読んで目からうろこが何枚落ちたことか。何回も何回も読んだから、頭ではわかってる。けど、おさえることができなかった。

 

傷つけ「られた」

自分は被害者やって、そう思ってしまった

こんなことで私は母親をやれるんやろうか

 

さてそんなくらいきもちで

社長と話をしにいってきます。 

08◆社長と対決~産休とらせてちょ

どうもこんにちは

ダッサいタイトルで始めてみました

昭和生まれのフルモンです

 

現在、もうすぐ妊娠9カ月~というところまできて、

会社との間で、まだ今後の話がまとまりません。

会社とっていうか社長が頑なに産休育休を拒否します。

一緒に働く周りの人や、直属の上司、その上の方、

さらには一緒に働いてない別部署の人達まで、

「産休育休とって戻ってくるんやろ?」と当たり前のように言ってくれるのですが

(これはこれでプレッシャーでもあるけど)

 

なぜか社長だけ、

本当に社長だけが許可しないなぜだ

「辞めたらどうや・・・って君の上司には言ったんやけどな」

自分が直接「辞めろ」と言うのはまずいというのはさすがに知っているようす

 

「子供を保育園なんかに入れたらな、ロクな子に育たん」

「35まで仕事はやめたらいい(←言った)。それからもう一回雇うから。」

「それがあんたのためや」

 

ほとほと困り果てています。

1年前、休みの度に社長から「寂しい…」と頻繁に電話がかかってきて、ついには職場まで来て呼び出されて「愛人になってくれ…」と手を握られたのを

即刻上司に告げ口して、その日から社長の存在を無視し始めたことへの仕返しとしか思えない。70歳に「旦那だけで満足するのはもったいない」とか言われて、あの時ゲロ吐くのを我慢できた私は本当に偉かった。

 

1月の頭からこっち、

これまで上司が2回、私一人で2回突撃したけど、2回とも許可もらえず。

「考えとくからな…あぁおなか減ったから帰るわ」

しねよ

総務の人も「社長の許可が取れないと手続きとか動けない」

 

そして昨日社長から、

「週明けに俺のとこに話しに来い」

そんなんいいから

電話でいいから

私その日休みの日やから

 

 

私がここでとるべき最善の行動はどんなだろう

・己を殺して何時間も社長の話につきあい、粘り強く産休育休をもぎ取る

・産休育休に関する法律を記載した資料を叩きつけて

 「考えるってなんじゃ!考えるようなことちゃうねん

  取りたいって言われたら断ったらあかんのじゃ!!!

  てか他にも取ってるひといっぱいおんのに、なんで私だけあかんのじゃ!!

  お前の愛人断ったからか!!!!!!!」 と荒ぶる

・産休育休中にもらえる健康&雇用保険からの手当がないと

 生活が困窮するって泣いて訴える(もちろん会社からの手当は0)

 

土日で作戦練ろう

やるだけやって、月曜日に出た結論で、納得しよう

産休も育休もあかんって言われたら、来週で勝手に会社辞めよう。

 

この件が持ち上がってから、日に日にスレていく私を見て

旦那さんはドン引きしてるかもしれないね

 

ごめんねころもちゃん

すんなり辞めないおかあさんは金の亡者なのかもしれない

07◆グリッド(やりとげる力)

はい、月曜日1日働いただけでなんでこんなにしんどいんでしょうね

こんばんわ

フルモンティです

 

 

さて…社労士というイケてる資格の存在に巡りあったわたくしですが、

よし、じゃぁ、すぐにジュンク堂へいって

本買ってきて、勉強スタートしよ!

とはなりませんでした。

なりませんでしたというか、

ならないように抑えました。

 

これまで

 

英語できるようになりたい!と毎年のように思い立っては教材を買い→飽きてやめる

これを10年ぐらい繰り返してきました

どれくらいお金を使ったことか!

英会話教室の体験授業も勢いで申し込んで、いやになって途中でやめたし、全く使ってない辞書、音読、リスニング、スピーキングの教材…買っては捨て買っては捨て、一体何をしてきたのか

 

それだけじゃない

高校3年の春に、一番大事な大会を目の前に怖くなって逃げるように部活をやめてから、まーぁ続かない。

大学のサークルも2年でやめた

30才にしてすでに会社3つ目

勤めながら夜に通った日本語教師の専門学校40万近くしたのに結局、外国に行く勇気なんてなくてモノにならず

あれをやってみよう!と思い付いては続かない人生、18才の時からずっとそうなんです

成功する人ってのは、才能や環境じゃなくて「グリッド(やりとげる力)」が重要だっていう最近売れてる本がありますが、

その本に載っていたグリッドテスト、私やってみたら5点満点かなんかで0点でした。やる前からわかってましたけど!

ちなみに夫は3.3点とかでした

だからわたし尊敬してるんです彼のこと

 

で、もういい加減思い付きで生きるのはよそう、そういう自分の性質を、わかっているなら抑止しようもっと先を見据えて、自分はどんな風に生きていきたいのか、そのためにどんな資格があったらいいのか、それとも重要なのは資格ではないのか、ちゃんと考えてから、行動しようと、そうおもったわけです。

 

 

06◆なんの資格をとる?社労士編

今日はいつもより30分早く家を出て
職場の最寄り駅で朝カフェでもしてみようと思います。
こんなことができるのも、あと2ヶ月
1人うろうろが大好きな私に、
子育て期間はたして耐えられるのでしょうか
少し心配


資格を取ろう!と急に思い立った私ですが、
取ろうったって一体なんの資格を?
まず思い付いたのが「しゃろーし」です
知っている資格がこれしかなかった
なぜ知っているのか
友達の旦那さんが「社労士」(漢字で書くとこうらしいが、正式名称は…未だ覚えられず)の資格を取るために会社をやめて勉強しているという話を聞いていたからである。

改めて、社労士について調べてみると、
何やら労使間紛争の解決や、会社の労務手続きをする仕事のよう。
産休育休拒否られてる私がリベンジ的意味を込めて勉強するのにぴったりの資格やないか。



よし、じゃぁこれ勉強しよ!





とならないのが今の私
成長した、ほんと成長した。
泣けてくる。


さて最寄り駅につきそうなのでこのへんで