読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある妊婦のブログ

妊婦が産休中にブログを書く・・・つもりで始めたもののまさかの産休拒否!社長との2か月間のにらみ合いの末、先日やっと許可が下りました★ハッピー!

17◆私流マインドフルネス

どうもこんにちは

フルモンティです

 

 

5月になりました

出産予定日まであと9日!

うっすらとおしるしみたいなのが出た

…ような気がするので

あと少しで産まれそうです

 

心構え…どうかな

いろんな理由から早く産まれてきてほしいなって思ってたけど

いざ近づいてくると、

あぁ自分の人生が、これまでとは180度変わるんだろうな

そのとき私はどんな気持ちになるのかな

と正直不安が大きいです。

結婚なんかと比べ物にならないくらい

自分の人生、つまり日々の生活が大きく変わるんだろうなと思う

不安

でも、考えても一緒やと思うから

今できることは、今の状況をありがたく思いながらしっかり満喫する事なんかなぁと思う。

(仕事をせずに毎日実家で家事だけして、残りの時間はゆっくりしたり、散歩したり、日記書いたり、昼寝したり…贅沢な時間!)

それが私流のマインドフルネスなんかなぁとおもう。

私は今年31になるわけで

30歳は自分のなかで大きな変化があった歳やとおもう。

と言ってもあれがあったとかこれかあったとかそういうのではなくて

自分の人間性とか、考え方とか、人との関わりかたとか、そういう目に見えない自分の内面がすごく良い方に変わったと思う。

いい意味で現状に満足できるようになった。

今をありがたいなって噛み締めて過ごせるようになった。

そう思う

それが、子供を産む前に、起こった変化でよかった。

 

もちろん、まだまだなんでしょうけどね!

でも、私はこういう人間で、

飾らずに、繕わずに、いてもいいんだ、大丈夫なんだと、少しずつ思う時が増えて、そうしたら他の人と関わるのが、苦ではなくなるというか、前よりも豊かな関わりを持てるようになったと思うんだ。

 

 

16◆分娩用眼鏡購入

どうもこんにちは

フルモンティです

 

妊娠37週目に入りました

はーーーるばるーー来たぜ正期産

今日から猛烈動きまくり!

の予定でしたが、旦那さんを見送ったあとまたもや午前中に3時間の昼寝…

起きて洗濯などしてたら

結局大好きなヒルナンデスが始まってしまいました

毎日この流れや。

しかし、このままだらだらと過ごすわけにはいかん!とおのれを叱咤し、

「はーやくでってこい ころもちゃん♪」

と歌いながら新しい眼鏡を買いに行きました。

 

 

 

 

以前、友人の分娩シーンを録画したビデオを見せてもらったのですが、

そのとき気になったのが

 

①すごい出血してる

②メガネめっちゃ似合ってる

 

の2点でした。

出血の方は誰でもビックリするとは思うんてすけれども

眼鏡の方が衝撃で。その友人はもともとめっちゃくちゃかわいい顔立ちで、(どれくらいかわいいかを具体的に言うと、学年で1・2を争うぐらい。) そのときその子の眼鏡姿をはじめてそのビデオでみたんですが、スッピン眼鏡で、顔真っ赤にして人生で一番の痛みと戦ってるのにめっちゃ美人でほんまに衝撃やったわけです。

え、これ、私のとき…ビデオとる予定はないけど、、、ないけどさ、今風のおしゃれな眼鏡じゃなくて10年以上前に作ったべんぞうさんみたいな眼鏡で一世一大の大イベントに臨むの嫌やな…

と思ったわけで、今日眼鏡を買いに行ってきました。

 

10年ぶりの眼鏡やさんの感想は、

安くて速かったです。

引くほど目悪い&乱視の私でも

素敵な眼鏡が二時間もかからずできました。

これかけて頑張って産もう。

 

15◆産後を視野に考えたいこと

どうもこんにちは

フルモンティです

 

 

ホルモンバランスの影響か

昨日の夜はほとんどまともに寝られませんでした

細切れに浅~く、寝たのか寝てないのか

色々みた夢を全部事細かに覚えているので

たぶん寝られてない

でも夢をみたということはちゃんと寝たということなんだろうか

うーん

 

安静指示が出てからというもの

ちょっと動いてすぐ横になって~

横になったらうとうとしちゃって~

気がついたら午前も午後もそれぞれ3時間ほど昼寝して~

 

みたいな生活をしていました

イライラに任せてお菓子も食べまくり

 

でも、もう安静も解除になったので、

自律して、

産後に備えた生活をしていこうと思います

仕事してないと

精神的にも、時間的にも

ゆっくり自分のことを考える余裕があるわ

 

◆産後の体型戻しについて

臨月にはいった現在、体重は、10キロほど増えております。赤ちゃんや羊水の重みは全部で7キロ程なので、3キロは私の怠慢か?

これ以上は増やせないし、ここからは産後を視野に入れてやってかなきゃということで、

最近明らかに食べ過ぎだったなと反省し、昨日早速半日断食してみました。18時間なにも食べないのが半日断食らしいのですが、あんまり本格的にやるのもなんだかなということで夜だけ抜いてみました。

 

そしたら出るわでるわ、毒素が排出されまくってビックリしました。どんだけ溜まってたんだろう。まだたまってると思うけど。

無理のない範囲でたまにやろう。そして食べ過ぎを、もうやめる。

 

◆どんな女性でいたいか

◆どんな風に生きたいのか

考えたいことはたくさんある。

14◆安静解除、プレッシャーのない日々

どうもこんにちは

前回の検診で

あらあんた、まだ34週目なのに

子宮けいかん17㎜しかないわよ

こりゃいかんわ安静ねといわれ

そこから2週間、

自宅で安静にしまくった結果

多少早く生まれてももう大丈夫だから

お腹張っても気にしないで

どんどん動いて~とのことで

安静解除!

よしゃ!

 

 

さてさて

やっぱり

仕事に行かなくなってから

ある程度もストレスやプレッシャーのない毎日

それが誰にもとがめられることない状況

変なかんじ

なんだか自分がダメになっていくような気もする

慌ててタウンワークなんてめくってみたり

 

産んだら大変なんだろな

プレッシャーどころじゃないよ

目の前のちっさい命が

冗談じゃなく終わってしまわないように

張りつめた気持ちで毎日過ごすようになるんだろうと思う

(予想はできるがもちろん実感はできない)

だから、のんびりは今だけだって割りきって、全力でのんびりすればいいんだろうけど

 

今までみたいに

家事と仕事を両方やらなきゃなら

150がんばらなきゃいけない

でも

家事だけだと50の頑張りでできてしまう

育児と、仕事と、家事全部あわせて

100の頑張りぐらいで

毎日過ごしたいなぁというのが私の希望

実現したいなぁ

 

と何やらグダグダ書きましたが

全くプレッシャーのない毎日がとても

贅沢な日々なんだということを

ちゃんと意識して毎日過ごしていきたいなぁと思います

というか…

出産に対してもう少しプレッシャーを

感じた方が良いのかしら

13◆まさかの安静指示

どうもこんにちは

 

産休にはいってやっほ~い

あれもするぞこれもするぞ~へーい!

とはりきって、

1日目には家中の大掃除&散歩

2日目には入院準備と里帰り準備&散歩

を盛大にやった結果

3日目の検診で

赤ちゃんが下に下がってきてるから自宅で安静にしてください

と言われてしまいました

 

まっじか…

あと39日寝たきり…!!

ベビー布団買ってないよ……!

 

調子のって動きすぎた

散歩のとき謎にもも上げとかしすぎた

両親学級で習ったおっぱいマッサージしすぎた(これが一番の原因かなぁ…)

でも、

最初の2日でいろいろと盛大にやっといてよかった!

 

12◆今日から産休

おはようございます

産休一日目の朝、早速ごみを捨てて玄関の掃除をしました

玄関の掃除なんて一年に1回するかしないかだったのに

今日から、粘りに粘ってもぎとった産休が始まります

いつもならもう家を出る時間で、バタバタしているところが、朝からいそいそと豆なんてたいちゃってこのゆとり。

落差についてけないわ。

産むまでの1ヶ月で、

やれることをやりまくろうと思います。

遊び回るという意味ではなく、お産の時、育児の時、あのときこれやっといてほんとよかった!の種を蒔きまくろうと思います。

具体的に何をするかは、初日の今日考えるのだ~計画をたてて、実行していく!

とにかくまずは目の前の洗濯物から取りかかろう。

11◆里帰り出産への恐怖

どうもこんにちは

あと3日で産休!

サンキューグッバイフルモンティです。

産休に入るわけですが、

後輩とはずっと一緒に仕事をしてきたため、引き継ぐことが何もなく

それはそれで悲しいな、なんか悲しいなと思いながら

「濃いに恋する濃いのどあめ」というわけのわからん飴をなめながら

たまりにたまった書類をシュレッダーにかけながらすごす

3日間です。

最後の3日がこれって、わたしそんなに大した仕事してなかったのね。

 

はれて産休育休の許可が下り、手続き書類も手元に届いたのですが

一年後の自分はいったいどうなっているんでしょうか。

全く予想もつきません。

今は、そんな風に意思がない状態、流れに身を任せる状態で、あえていようと思います。

うまれてきたころもちゃんと過ごしてみて、

じぶんがどんな風に感じるのか、それを大事にしたいと思います。

 

とかいってね、働かざるを得ない状況に陥ってるかもしれないし、

はたまた、働きたくても戻る場所、アーリマセーンになってるかもしれないし

自分で決められる部分半分、決められない部分半分ぐらいってのが実情かもしれません。

その半分の決められる部分について、今は、「流れに身を任せる状態であえていよう」とか意味不明なこと言ってあまり考えないようにしているけれど(これダメだな)

いつか、自然と「こうしたい」が出てきたらいいなぁと思っています。

 

そんな妊婦の目下の悩みは

里帰り出産だったりします。

何を隠そう、私は母親と良い関係が気づけないまま30歳になってしまったのですね・・・

毒親とか毒母とかいう言葉を聞くようになりましたが、私の両親もまぁもれなくそれです。大人になって、「母という病」という本を読むまで気が付きませんでしたが。

読んだときはそりゃぁあもう目からウロコでした。

しかし私は私で彼らの理想の娘像とはかけ離れているわけで。

これから私が親に、ころもちゃん(娘)の母になったらきっと

私に対してそういう態度をとってきてしまった彼らの気持ちがきっと

身に染みてわかってしまうのではないかと思うと

同じことを繰り返さないようにすることだけが

私の人生の信条になるんだろうか。やだな

 

なんだか何を書いているんだか。